読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バケモノの子。

バケモノの子。

細田守監督の3年ぶり新作「バケモノの子」頑張っています。
動員数300万人突破!!です。凄いです。
声優陣も豪華ですよね。日本を代表する俳優、役所広司さん。宮崎あおいさん。
何かとお騒がせの広瀬すずさん。宮崎あおいさん、今日は事故を起こしてましたよね。
芸能人は、一般の方では話題にもされない事が、話題になりますよね。

話はバケモノの子に戻します。
内容は知らないですが、日本のアニメ文化の為にも、頑張ってほしいものです。
子供の頃にみたアニメ映画はジブリが多いです。
あの何ともいえない世界感に感動しました。
今観れば、また違う感動があるかもです。

もうすぐお盆です。
まとまった休みに片づけると思い思い・・・まだです。

私にはまだ片付いていない問題が・・・

ピアノ買取りの件です。実家の母としてましたが、まだ終わってない。
ピアノ引取をしてもらう計画もだんだんどうでも良くなってきた今日この頃です。

想い出も詰まったピアノだから、置いておくように話をしていましたが、父が反対。
ピアノを売りたいと言ったら、ピアノを売るまで頑張る父だから、これは大変です。
だからと言って、またピアノを弾き始めるわけでもないんですよねぇ。

ピアノ引取りも昔はお金がかかったのに、今ではピアノ買い取りをしてくれる。
なんて素晴らしい話なんでしょう・・・と少し気持ちが傾いてもいますが。

ピアノ引き取りの運送費用もいらないし、ピアノ処分の費用もかからない。
喜ばしことばかりなのに、でも気乗りしないのは、やはり愛着心です。

ピアノ査定も簡単だから、とりあえずピアノ売る、売らないはともかくピアノ見積りをしてもらっても良いかも。

来週あたり一度実家に帰らなければなんで、ピアノ見積もりをお願いしてみようかな?
しかし、世の中にピアノ売りたい人、たくさんいてるんですね。

ピアノ買取りをお願いしたいと思う日が来るなんて、思ってもなかったです。
ですが話が出た以上とことん頑張るつもりです。