読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘利さん。

甘利さん。

株をやっている訳でもなく、外貨貯金があるわけでもなく、どっぷり経済に填まった生活をしている訳でもない私ですが、甘利経済再生担当大臣がお辞めになることは、少なからずショックです。
あんなにTPP頑張っていたのに、途中ガンとも戦っていたのに、本当に日本の未来を見据えて戦っていた思っていたのに、お金の問題出てきてしまいましたねぇ。
残念の一言に尽きます。でもこの退任劇は、はめられたと言って過言ではないのでは?

最近のマスコミのモラルの無さをみたような気がします。
ベッキーの事もそうですが、誰がそんな情報を漏えいした?今回の甘利さんの件も、初めから陥れるものだったみたいだし、堀北真紀と山本耕治の新居探しも情報漏えい・・・
ほんとに今の日本はどうなっているんだ!!!

昨日も書きましたが、石坂浩二さんの件。あれはまさしくいじめでしょ。
パワハラですよね。
私自身もパワハラの被害者ですから良くわかる。
自分の思い通りに行かなければ、人のせいにする。
トップが采配したり指揮して、全体の統制を計る、これが仕事のはず。
いじめたり、罵倒したりするのが仕事かと言いたいのです。

石坂浩二さんみたいに大物な人間ではないけど、いや~な気分なのは良くわかる。


さて、もうすぐ1月も終わりですが、新年を迎える為に、掃除をしようと思っていましたが、やはりなかなか終わりませんでしたね。

でもこれだけは、済ませておこう!!!ピアノ買取の件。
でも終わりませんでしたね。ピアノ買取り

ピアノ買取りの件を片づける約束を、実家の母としてましたが、まだ終わってない。
休日も仕事をしてたので、実家に帰ることもなくじまいでした。

ピアノ引取をしてもらう計画もだんだんどうでも良くなってきた今日この頃です。

想い出も詰まったピアノだから、置いておくように話をしていましたが、父が反対。
ピアノを売りたいと言ったら、ピアノを売るまで頑張る父だから、これは大変です。
だからと言って、またピアノを弾き始めるわけでもないんですよねぇ。

ピアノ引取りも昔はお金がかかったのに、今ではピアノ買い取りをしてくれる。
なんて素晴らしい話なんでしょう・・・と少し気持ちが傾いてもいますが。

ピアノ引き取りの運送費用もいらないし、ピアノ処分の費用もかからない。
喜ばしことばかりなのに、でも気乗りしないのは、やはり愛着心です。

ピアノ査定も簡単だから、とりあえずピアノ売る、売らないはともかくピアノ見積りをしてもらっても良いかも。

甘利大臣ご苦労様でした。まだあなたの政治生命は終わっていません。
まだまだあなたのお力は必要ですよ。

日本の報道はおかしい・・・
すべてを表ざたにしたら良いってものではないですよね。
ほんとに今回のことは残念です。